缶詰のタイプカプセルをつくろう

協力:石田缶詰株式会社

昭和の8年製の巻締機(シーマー)を使ってつくる缶詰のタイムカプセル「タイムほぞんカン」。
令和元年を迎えた今、未来にメッセージを残しましょう!

 

今回のワークショップでは、新たな企画をスタートします。

親子同士、友達同士、未来の自分へ・・・好きなシートを選んでメッセージを書き、缶の中に入れていただきます。巻締機のシーマーを使えばその場で缶詰が完成。タイムカプセルとしてお持ち帰りください。

参加無料 各日先着100個

 

会場ではインスタントカメラで写真を撮影し、缶詰の中に一緒に入れます。

次の4つの中から好きなシートを選んで記入していただきます。

じっくり書きたい方は下記よりにダウンロードしてプリントアウトし、事前に書いたものをお持ちいただくこともできます。

1.わたしの未来予想カン

令和元年に社会や自分の未来を大予想。これから何が流行る?この缶を開けるころにはなくなっているものは?未来に答え合わせをしましょう。

わたしの未来予想シート][→見本

2.わたしの人生未来地図

現時点での自分の人生を大予想。最大のピンチは何?いつ、どんな人と結婚する?未来に答え合わせをしましょう。

わたしの人生未来地図シート][→見本

3.親子のきずなカン

お父さん・お母さんはお子様に向けて、お子様はお父さん、お母さんに向けて。それぞれが約束やメッセージを書きます。お互いに今は見せずに缶の中に入れて、未来に開封しましょう。

親子のきずなシート][→見本

4.友情のあかしカン

友情のあかしシート

仲のいい友達同士、友情の証として缶詰のタイムカプセルを交換。相手に対して今思っていること、約束したいことやメッセージを書いて、未来に開封しましょう!

缶の中に入る大きさであれば、ご自宅からお持ちいただいた思い出の品なども一緒に缶の中に入れさせていただきます。幼児の頃に大切にしていたおもちゃ、学校でつくった図工・絵画作品などを入れてみてはいかがでしょうか。

缶の大きさ:直径7cm×高さ10.5cm

会場ではラベルづくりも行います。余白部分に何を描くのかは自由。誰にいつ開けてほしいのかをしっかり記しておきます。

一覧にもどる